名門学館現役部&大学受験ライブ授業予備校部 いわき市の進学塾&予備校 完全個別指導

名門学館現役部&ライブ授業予備校部ブログ

名門学館トップページはこちら

大学受験

名門学館大学受験情報  少子化に向けた大学受験環境

こんにちは、名門学館渡辺です。まさに季節は初夏ですね!GWも終わり、受験生は天王山、夏に向かって頑張って下さい。

さて、今回は少子化に向けた大学志願者減少に伴う競争緩和と大学情勢に触れてみたいと思います。

2024年度は前年度より約34.000人減少します。共通試験受験生も前年比96%と緩やかに減少傾向にあります。反して、大学入学定員が増加傾向が続いています。来春も大学競争緩和の傾向が持続していくでしょう。

一方で、経営困難な大学の撤退や経営の合理化等の支援を含めた経営促進指導も国により進められています。また、国からの支援としては「高度情報化社会で求められる人材確保に向けた人材確保強化」を掲げ情報系分野を持つ大学が大学院の体制強化に取り組む場合に助成金が支給されます。殆どが国立大学ですね。北大、東北大、東京工業大学等の難関大学も見られます。2025年度以降も入学員増を予定してますので、情報系は合格チャンスが広がります。また、「学部再編等による成長分野への転換」で成長分野の学部.学科を新設.改組予定の国公立私立大学にも助成金が支給されます。

反面、「私学助成の見直し」では「収容人員充足率が3年連続8割未満」に該当すると支援対象外となります。こういった内容を含めて、今後の大学選択指標となるのは「機関要件確認申請書」です。各大学のHPで公開されており、定員充足率や財政状況がわかります。対象となっている大学も現状把握と他大学との比較が可能です。対象機関と大学HPのURLは文科省のHPで確認出来ます。

いや〜本当に、少子化は大学の差別化や存続にも多大な影響を及ぼしているんですね。2024年以降学生募集停止や学部の募集停止や定員削減を決めた大学も多からずあるんです。厳しいですね。益々、学校間格差が拡大していきますね。これからは、大学の内容の見極めが何よりも大事になります👊

また、次回に新しい情報を提供していきますね(^^)頑張れ受験生諸君!

完全個別授業

医学.医療系.難関大学合格の名門学館!

名門学館現役部&大学受験予備校部

代表:渡辺

 

名門学館大学入試情報 オープンキャンパスと模擬試験活用法.

こんにちは、さくら満開の時期ですね。小.中.高.大学のピッカピカの各新一年生も学校生活に慣れ始めた頃でしょうね(^^)    さて、今回はオープンキャンパス.全国模試活用法についてのアドバイスをしていきましょう!

まずはオープンキャンパス、よく聞く言葉ですね!時期的には夏から秋にかけて、多くの大学で実施されます。オープンキャンパスとは、大学が高校生やその保護者向けにキャンパスを解放し、学内見学会、模擬授業を行ったり、入試説明会等を実施するイベントです。学生がキャンパス案内や相談役に参加する場合も多く、大学の雰囲気を肌で感じる絶好の機会でもあるんです。オンライン形式を実施している大学もあり、遠方の大学でも気軽に参加出来ます。進路に迷っている時や、モチベーションが上がらない時には、気になる大学のオープンキャンパスに参加するのもベターな方法です(^^)   また、各大学入試情報サイトにもオープンキャンパスの情報が記載されてますので、是非利用してみて下さいね✌️

次は全国模擬試験の活用法についてアドバイスしていきます。これから夏〜秋にかけて全国模擬試験が徐々に増えてきます。模試の重要な機能は、全国レベルでの実力判定、志望校偏差値と合格可能性ですが、これだけではないのです。

全国模試の問題は、それぞれ対象となる試験の出題傾向を分析、検討した上で作成されています。模試は結果よりも、復習し、わからなかったところを理解する事が何よりも重要なんです。教科書レベルの基礎力〜応用力〜発展力を確認し復習する上で最適な教材でもあるんです。また、保護者として注意する事は、帰宅後に模試の出来具合を根掘り葉掘り聞かない事です。出来が悪かった時には親子喧嘩の火種になることもあるのでご注意下さい(><)

保護者の希望と本人の実力がかけ離れていると、受験校を決定する際に無用のトラブルの原因になる事もありますので、返却された成績表には必ず目を通すようにしましょう😊 今回は2つの内容に触れてみました!また、配信しますので、その時までお元気でお過ごし下さい(^^)

 

地域密着で22年❗️

完全個別授業

🈴格力の名門学館 現役部&大学受験予備校部

代表:渡辺😄

 

 

 

名門学館大学入試情報 新年度新課程入試科目分析情報

こんにちは名門学館渡辺です。季節も徐々に春めいてきている昨今いかがお過ごしでしょうか!今年度の私立大学、国公立大学入試の前期日程を終えて一応の区切りがついたところですね。国公立後期日程の結果を残すだけとなりました。受験生の皆さん、お疲れ様でした。後少しですね(^^)

今回は、2025年新課程分析情報をみていきましょう!まず、国公立共通試験が基本的に5教科7科目から6教科8科目になります。また、国語が10延長で90分、数学IIBプラスCで10分延長で70分になります。新科目として情報Iが加わります。受験生にとっては現行以上に共通試験の普段が大きくなります。

変更の詳細をみてみましょう。国語は、現代文の近代以降の文章の大問一題追加する方針です。結果現代文を100点から110点に変更予定。古文漢文が100点から90点へ変更予定。現代文のウェイトが高くなりますね。

社会は、現行の「地理歴史」「公民」から「地理総合、地理探究」「歴史総合、日本史探究」「歴史総合、世界史探究」「地理総合、歴史総合、公共」「公共、倫理」「公共、政治経済」と10科目から6科目に大きく改変されます。

数学は「数学I、数学IA」には変更なし。「数学II」「簿記、会計」「情報関係基礎」は廃止になり「数学II.数学B.数学C」のみ1科目になります。現行の数学IIBに数学Cの「ベクトル」「複素数平面」が加わりますのでこれまでより負担が増えます。

理科は実質には変わりませんが、理科2科目を同時に実施する点が変更。さらに、前回話題に上げた情報1が1科目加わります。

詳細は、文部科学省大学入試センターより順次公表予定です。具体的には、2024年6月頃に実施要項公表予定です。

上記は、2025年新課程の一部変更内容ですが、これから国公立、私立大学の分析も含めて掲載していきます。受験生の負担増ですね。体調に留意して頑張ってまいりましょう!

またの機会までお元気で(^^)

 

 

地域密着で21年の実績!

完全個別授業高校/大学受験の名門

名門学館 現役部&大学受験予備校部

代表:渡辺

 

 

名門学館大学入試情報 高校「情報I」の入浴導入

こんにちは、名門学館渡辺です。現在、私立大学入試がピークの時期ですね。また、国公立二次試験のまさに追い込みの時期でもあります!まさに頑張れ受験生です(^^)

さて、今回は2025年から「情報I」の共通テスト導入されます。この科目は基本的に高校2年までに終了します。つまり高校3年以降は自分で学習するのが基本となりそうです。また、高校3年の夏休み講習会の中で集中トレーニングする高校が一般化するかと思われます。

初めての受験科目「情報I」の学習に不安を持つ生徒の入試に対する不安は以下のような内容です。

⚫︎学校での授業で入試に対抗できるか。

⚫︎国公立大学は科目が多く、他の主要科目に加えて勉強する時間が確保出来ない。

⚫︎過去問がない為にどこまで、どんな風に進めればよいのか。以上のような現状の内容に加えて他の問題等も浮上してくると思われますね!

ただし、共通テストになって以来、高校生に不得意科目を聞くと数学が群を抜いて多いのが事実なんです。数学が不得意科目になった時期は、大抵の場合は、中学生になってからみたいです。高校進級後は加速的に数学嫌いが増えてきます。その為、数学苦手意識から文理選択で文系を選択したり、大学入試で数学を課さない大学を選ぶ生徒も少なくないようです。

その数学嫌いが多い中で、高校「情報I」に期待される役割は大きいのです。データ分析、プログラミングの基本的知識.技能を身につけると同時に、データや情報技術を活用して問題解決するといった数学的発想を必要とし、その事に親しみを持てるようになれば数学嫌いも減るのではないかとの期待も持てるかも知れません。高校「情報I」の共通テスト導入は生徒へは負担にはなりますが、今後はプラスの側面も多岐に渡る可能性がありますね✌️

今回初、高校「情報I」についての高校教育のあり方や受験について簡潔に述べましたが、また機会があれば次は大学別に情報発信したいと考えています。乞うご期待!

宜しくです(^^)   ではまた😊

 

完全個別授業 大学受験の名門!

名門学館 現役部&大学受験予備校部

代表:渡辺

 

 

 

 

名門学館大学入試情報 文武両道の意義

こんにちは、名門学館渡辺です。すっかり秋めいて、山々は紅葉、世の中はスポーツ、勉強、食欲の秋ですね。

今回のテーマ「文武両道」:高校3年間の限られた中で、勉強だけでなく部活動や学校行事にも力を入れる理由があります。それは何か。部活動や学校行事で培われた生徒間の絆は、苦しい受験を乗り越える支えとなります。つまり、受験は「個人戦」というより「団体戦」ので側面が強いからです。友人でもあり、ライバルでもある仲間が多ければ多い程、仲間と共に切磋琢磨しながら受験直前まで学力を伸ばせる可能性が高いわけです。

「文武両道と学校行事」が三位一体となった時に最大の学習効果を発揮すると言われるのもうなづける理由がここにあるように思います。

目先の受験だけではなく、将来的に世界で活躍できる人材になれるような学校生活が大切であり、その過程の中に大学受験があるのだと考えて、高校3年間を駆け抜けていって欲しいです!👌

3年生は間もなく受験です。様々な大学の入試問題は、これまで学習してきた基礎の繋ぎ合わせです。体調を維持しながらモチベーションを上げていけるように受験直前まで取り組んで下さい👊

 

完全個別授業

名門学館現役部&大学受験予備校部

代表:渡辺

名門学館最新大学受験情報 共通試験離れが進む背景

こんにちは、毎日酷暑💦が続いてますが、皆さんは、ますます元気一杯、学校活動に、学習に勤しんでいる事と思います!

今、受験生は勿論、学生さんにとっては学校、塾、予備校等での夏期講習会真っ盛りの時期です。自分に合った学習はできてますか?この時期は追い込みだけでなく、周りに流されないように自分の弱点をしっかりと補強して下さい。特に受験生はそれが望ましいですね。

共通試験の受験者前年度比は7科目〜は99%と維持しつつも、4〜6科目、3科目以下は95%と減少。共通試験は、センター試験と比較すると理解の質や知識活用力重視が強い出題傾向となっている為、これまで以上の対策強化の必要性があります。特に私大専願者にとっては志望の私大個別試験だけに絞った方が受験効率は良いようです。この共通試験の負担増が私大受験生の共通試験離れの主因になっているようです。今後とも、この傾向が続くようなら更に私大専願受験生の共通試験離れが進むように思われます。今後の受験生の負担減に繋がるような作問に工夫して欲しいです。

暑さに負けず、健康第一で頑張ってこの夏を乗り切って下さい👌  ではまた(^^)

 

完全個別授業

名門学館 現役部&大学受験予備校部

代表:渡辺

 

 

名門学館大学入試情報  2023大学入試を振り返って!

こんにちは、名門学館渡辺です。毎日、昼間は夏日が続いていますが、夕方から夜にかけては気温が下がる日が続いてます。風邪をひきやすい時節柄、体調に気を付けて過ごしましょう!

さて、今回は2023年の大学受験を振り返ってみたいと思いますので皆さんの今後の受験の参考にしてみて下さい。

今年の共通試験受験者数は、512.581人で現役生が約85%で既卒生.浪人生を大幅に上回った入試でした。また、私大専願受験者の共通試験受験者の前年比は約95%で私大専願受験者の共通試験離れが進んでいます。共通試験の問題傾向が独特な為に私大の入試問題傾向とはかけ離れているのが大きな原因です。共通試験の内容としては、数学IAとIIBでそれぞれ約18点上昇した反面、物理基礎、生物、政治・経済はセンター試験も含めて過去最低となり、化学、生物、物理3科目間で得点調整がありました。物理が平易な内容の為に生物より20点以上の差がついた。不公平是正の為の得点調整は共通試験以降後、2度目と異例な状況です。センター試験の30年間で2回だった事を考慮すれば、いかに安定性にかける試験かと疑念が残る試験内容かと思わざるをえません。今後の対応や作問に期待したいです。

大学志願者の分野別の状況は、経済、農学、医療の分野で志願者増。私立大学志願者数は、首都圏や近畿圏の難関、有名私立大学は何とか踏ん張っていますが、地方の私立大学は前年割れが続いている状況です。地方の私立大学は、生き残りをかけて更なる創意工夫や魅力ある学部学科のドラスティックな改革案等を提案していかないと厳しい状況は今後も続いていくと思われます。記載事項は、まだまだありますが今回はこの辺で終わりにしたいと思います。次回は、大学別の特徴等を掲載したいと思います。乞うご期待下さい(^^)  また宜しくです👌

完全個別受験 名門学館現役部&大学受験予備校部

代表:渡辺

名門学館大学入試情報  予算と大学の初年度納入金

こんにちは、名門学館渡辺です。新緑も爽やかに風薫るこの頃ですが、皆さんは元気に頑張っている事と思います。今回は、大学合格後にかかる気になる費用を算出してみましたので参照してみて下さい!

初年度納入金はいくらぐらいでしょうか。国立大学の標準額は81万7800円。入学金28万200円、授業料は53万5800円。一方私立大学の平均納入金総額約148万円。理系は文系に比べて実習や実験もある為に割高になります。ここ数年は横ばいですが、物価スライド制を採用している大学も多い為、在学中に授業料変動もありえます。

また、2020年4月より年収378万円未満の世帯を対象に収入に準じた入学金や授業料の減免や奨学金の給付が行なわれています。

また、生活費も気になりますね。住居費は平均約60.000円.食費平均約25.000円その他電化高熱費等を含めると月平均125000円となります。都会の私立大学になると、四年間で約1000万円超える金額がかかります。これだけの金額を投資するのが大学ですので、しっかり将来の目標を立て大学受験に備えましょう!

完全個別授業 名門学館            現役部&大学受験ライブ予備校部

代表:渡辺

 

 名門学館大学受験情報 模試活用法

こんにちは、ゴールデンウィーク真っ只中ですね。天気も良く普段のストイックな生活を送っている受験生にとっては、気分転換をするには絶好の機会ですね。鋭気を養って次のステップへ確実に進んでいく機会にしましょう!

今回は、これから受験回数が増えてくる模擬試験活用法に焦点をあててみました。三年生の夏休み以降は、模擬試験の回数が増えて、秋から冬の始めにかけては毎週模擬が続きます。模擬を受験する際に受験生の最大の関心は実力判定、偏差値と合格可能性評価です。しかしこれだけだと模試の十分な活用法とはいえないと思います。

模試の内容は、出題傾向を詳細に分析した上で作成され出題されています。つまり模試そのものがベストな教材にもなるのです。模試受験後に解答解説を必ず復習し理解して欲しいものです。勿論、結果の実力と希望がかけ離れ過ぎていると志望校の再検討も必要になります。これから、親子で模試の結果を十分把握し、後悔することのない進路決定に活用していきましょう👍

完全個別授業 名門学館現役部&大学受験予備校部

代表:渡辺

塾長ブログ44 後期合格おめでとう!

こんにちは、名門学館渡辺です。東京では桜🌸満開でまさに花見日和りですね。TV中継では、WBC一色で日本頑張ってますね。毎日、元気をもらってます。暖かくなり、皆さんも元気にお過ごしかと思います(^^)

現在の時期、国公立大学前期を惜しくも涙を飲んだ受験生の後期発表の時期です。私達名門学館でも後期合格者が出ました。前期よりも、緊張し落ち着きませんでした(><)

私大を受けず、ぶれずに国立一本に絞ってきた生徒だったのでひときわ合格を願って空を仰ぎながらメールを待つ事約一時間。LINEの着信音がなり、恐る恐る見る私自分も当事者並みに緊張感に満ちていたようでしたね💦

「合格しました」🎉の言葉を見た時、目頭が熱くなってしまいましたね。不安な中、諦めず必死に勉強頑張ってくれましたから。毎年の事ですが、自分自習とその努力を信じる事が大事なんだと改めて感じている昨今です。くしくもWBCの準決勝と同じ日でしたから「折れそうになっても諦めない心が勝利を導く」の言葉と重なってひときわ、感慨深さが深まってしまったようです!

この経験は、これからの人生への糧になる筈です。色んな意味で、ぶれても構わないと思いますよ。ただ、諦めずに自分を信じて進む心意気だけは忘れずに歩んで欲しいです。若いって素晴らしいですね。皆さんも、悔いのない日々、人生を送ってください。フレーフレー人生✌️

Lead  a  wonderful  life !

名門学館代表:渡辺

完全個別授業 大学受験予備校.塾

名門学館大学受験予備校 現役部&予備校部

pagetop

LINE登録